整体院・治療院が繁盛する【整体院マーケティング戦略】 Good-Marketing

HOME > 治療院の種類・違い

治療院の種類・違い

治療院には色々な種類があります。
整体院・整骨院・接骨院・カイロプラクティック・柔道整復院・形成外科・整形外科・・・

各治療院の違いと、似たような治療院の違いを解説していきます。

治療院の違い

接骨院と整骨院の違い

接骨院・整骨院は同じです。
どちらも「柔道整復師」という国家資格を持った人が施術します。

柔道整復師は、厚生労働大臣認可の専門学校や大学で専門知識を身につけ、卒業時に財団法人柔道整復研修試験財団が行う国家試験の受験資格が与えられます。 この国家資格を取得した者だけが柔道整復師を名乗り、患者さんに施術を行うことができます。

柔道整復師は打撲、捻挫、挫傷(筋、腱の損傷)、骨折、脱臼などの治療を行います。

接骨院・整骨院は保険が使えます。
国民健康保険・社会保険・組合保険・老人医療保険・労災保険や生活保護・母子家庭等医療費助成制度・乳幼児医療費助成制度の他に、交通事故の自賠責保険も扱うことができます。

接骨院と整体院の違い

接骨院・整骨院は「柔道整復師」という国家資格を取得した人が施術を行う治療院です。
それに対し、整体には資格がありません。

整体院では主に矯正やマッサージを行っていますが、資格が必要でないため、中には専門知識を持っていない人が施術を行っている所もあります。 柔道整復師と違い、実務と知識の最低ラインがありません。(極端な話をすれば、誰でも名乗れば整体師になれるということです)

もちろん、資格が無くても腕のいい整体師はいますが、整体院に通う際にはその点を十分に注意して施術者を選ぶ必要があります。

整体院では保険は使えません。

接骨院と整形外科の違い

接骨院は「柔道整復師」、整形外科は「医師」です。
整形外科は医師なので、レントゲン検査、手術、投薬を行うことができます。

両者の違いは、その治療法にあります。
整形外科は手術以外では基本的に投薬や湿布、患部の固定や痛み止めの投薬などで治療を行います。対して接骨院では、主に手技による治療を行います。

保険治療について

整形外科・形成外科・接骨院・整骨院では保険が適用されます。

保険が適用されるかされないかは行う治療内容によります。
整形外科は美容整形のイメージが強いせいか、保険が適用されないと思っている方も多いようですが、実際には整形外科で行われる治療のほとんどは保険が適用されます。

保険適用外の治療が多いのが形成外科の特徴です。健康上やむを得ない治療に関しては保険が適用されますが、形成外科では美容目的、あるいはメンタル面の悩みを解消するために施術を行う場合もあります。二重まぶたやシワ取り手術など。世間一般で言うところの美容整形です。これらには保険が適用されません。

また、接骨院・整骨院でも保険が適用されます。患者さんの自己負担額は同じなのですが、保険の仕組みが少し違うため、勘違いをされることが多くあります。

これらの違いをどう活かすか?

これらの違いをお客さんはあまりわかっていないことが多いので、あなたの院のホームページなどでこれらの違いと、あなたの院が行っている治療のメリットを説明してあげると、患者さんは来院しやすくなります。患者さん受けするコンセプトの一つとして取り入れてもいいかもしれません。

>> 接骨院・整骨院の保険治療について

 

>> トップページに戻る

シークレットモデルダイエット
本当は恐いダイエット業界の裏側を大暴露


繁盛する整体院・治療院とは  患者受けする”コンセプト”のある治療ページを持つ  腰痛治療  治療院の種類・違い  
動画で見る治療法・整体  健康・美容  ダイエット  リンク集  サイトマップ

© 2011 整体院・治療院が繁盛する【整体院マーケティング戦略】 All Rights Reserved.